古い家の修繕リフォーム・どこまで直すかを考える

雨樋修理と一緒に

あちこち直す箇所があって一緒に修繕させていただきました。

古いお家で、ご高齢のお母様が住んでおられます。


ご家族から、

お母様がお元気な間、なんとか持たせてほしいというご依頼でした。

お家を将来継ぐ方がいるのかどうかは

どこまで修繕するかを決めるうえで判断の材料となります。

ずっと長く誰かが住んでいくのなら

屋根の全面葺き替え等根本的な修繕が必要な場合でも

あと10年持てばいいということであれば

最低限必要なことだけにすることもあります。


お客様のご要望に沿う形で

大工が判断して修繕プランを考えました。

DSC02431.jpg


こちらはお父様が生前に有り合わせの物で作ったテラス的なものです。
台風の時などに飛んでいくのではと心配だったご様子。

しっかりと大工さんが作り直しました。
風が抜けるようにしたので安心です。

IMG_2073.jpg

既製品のアルミのストックヤードではなく
オール檜材と波板ポリカで作りました。(今はあまりしませんが)

この家にはこちらの方がしっくりきます。
雨樋もしっかり取り付けました。


古いお家ですが入母屋の平屋でドシっとしてて、なかなか雰囲気出てます。

IMG_0623.jpg

裏の庇は下地がだいぶ傷んでて全て交換するしかないと思いましたが、
ここは腕の見せ所。

IMG_1839.jpg

垂木を抱かせて下地補強し

広小舞を交換して

DSC02552.jpg

鼻隠しを付け、そこに雨どいを取り付けて
ガルバリウムの波板屋根を葺いて完成です。

なんとか工夫して直した感じではありますが、しばらくは安心です。

僕たちはいつもは四日市内(北部)ですぐ近くで工事してますが

こちらは四日市市楠の(鈴鹿寄り)お客様でして

川の近くでとても静かで作業しやすい現場でした。
気持ちよく工事が出来ました。
本当に良いご縁がありました。

工事完了日

事務所に戻り一息ついたら

ん???

1502258720593.jpg

おっ!

1502258731058.jpg

カニを連れてきてしまった。

ちょっとした事ですが自分では出来ない事を

大工さんにお願いできる。

総合的に修理できる【むらた建設】にぜひお問い合わせください!

目次